読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井出が岐阜戦、長崎戦で2試合連続のゴール

 井出が長崎戦で同点ゴールをあげました。
 井出はこれで岐阜戦に続いて、2試合連続のゴール。
 良い形で波に乗ってきているのでしょうか。



 長崎戦でのゴールは左サイドからのスローインに対して、エウトンがペナルティエリア内で足の甲あたりを使って、ワンタッチで落としたところから始まった展開。
 まずエウトンの落としが良かったですね。
 ワンタッチでうまく繋いだことによって、長崎守備陣の井出への対応が遅れてしまった。
 この試合でもエウトンの強さは効いていたと思います。


 その落としを受けた、井出が思い切って右足を振りぬいてシュート。
 角度のない極めて難しいシュートだったと思うのですが、見事に元ジェフGK大久保からゴールを決めました。
 本人のコメントによると相手選手にも当たっていたようなので、若干その影響もあったのかもしれませんが鋭いシュートでした。



 この試合での井出は、立ち上がりから積極的にシュートまで持ち込むプレーが目立っていました。
 得点シーンでのプレーもその勢いのまま決まった印象で、思い切ってシュートを放つ姿勢が良い方向に出たということなのではないでしょうか。
 素早くシュートまで持ち込んだことで、相手守備陣がコースを消し切れなかった場面だったと思います。


 井出は試合後に「決定機もチャンスも多かった」と話しており、個人的には少し意外な印象を受けました。
 以前から井出は、意外な感想を残すことが多いように思います。
 実際この試合では関塚監督も「フィニッシュまでもっていくことができなかった」と話しており、あまりチャンスは作れなかったとみているのではないでしょうか。


 普段の井出は真面目で静かな性格といったイメージですが、プレーに関しては天才肌で考えてプレーするというよりは、感性でプレーするタイプなのかなとも思います。
 この日の井出は、相手の守備の問題もあって伸び伸びとやれていた。
 それもあって、前向きな感想だったのかもしれません。
 ただ、試合全体でいえば決定機は3,4回しかなかったと思いますし、数で言えばあまり長崎と変わらなかったようにも思います。
 


 井出に関しては難しいことは考えずに、自由にやらせた方が良い選手なのかもしれません。
 問題はチームとして、伸び伸びとやらせられる環境を作れるかどうかなのでしょうが。
 今の井出なら良い状態で仕掛けられる形さえ作れれば、それだけでチャンスが作れそうな気もします。


 あとはこの調子が、どこまで持続できるのか。
 コンディションもあるだろうし、今後は相手のマークや夏の気候なども影響を与えるかもしれない。
 実際、長崎戦でも試合途中からはチーム全体が失速して井出もあまり目立たなくなっていったと思いますし、周りのチーム状況に影響されてしまう部分は課題としてあるのかもしれません。



 これだけ選手が入れ替わった状態で、井出、町田と以前から在籍する選手が好調で、チーム内でも目立ち始めているのは嬉しい限りだと思います。
 とはいえ、井出はまだ今季2ゴール目。
 まだまだ物足りないところだと思いますし、さらに上を目指してほしいですね、