読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

巻による試合後のメッセージ

JEF

 Jリーグ公式サイトにフクアリで試合後に流された、巻のメッセージがアップされています
 熊本のこれまでと現状、ジェフサポの協力とジェフへのエールと、巻らしく素直で丁寧なメッセージだと思います。
 巻は試合でも片方には黄色の、片方には赤色のスパイクを履いていましたね。
 それだけでも十分に気持ちは伝わってきたと思います。



 ジェフ戦での巻はスタメンで出場。
 相手チームながら、攻守にさすがと感心させられるプレーを見せていました。
 巻は変わらず巻でしたね。


 守備ではチェイシングのうまさが光っていました。
 パスコースを限定しながら、相手を追い込んでいく。
 ただ走って追いかけるだけではない巻のクレバーなチェイシングは、多くの選手の参考になるのではないでしょうか。


 特に右CBのイに対してはあえて縦を空けて横からプレスに行き、縦パスを出させていました。
 しかし、熊本の後方の選手たちは巻の守備の仕方によって、縦パスが来ると読める状況にあるため、その縦パスをカットしやすい。
 あるいはカットできなくても、準備できているから守りやすい状況になっている。



 イも決してグラウンダーのパスが、下手というわけではないと思います。
 しかし、後方でのビルドアップにおいては、テクニック以上に判断力や判断スピード、視野の広さなど賢さが求められることが多い。
 いくら綺麗な縦パスを出しても、読まれていれば対応はたやすい。


 にもかかわらずこの日のイは、何度も相手の狙い通りに多々良に縦パスを出して、ボールを失ってしまっていました。
 もちろん巻のチェイシングによる焦りもあったでしょうし、パスの角度が限定されている状況にあった。
 加えてジェフはチームとして細かなビルドアップが出来ていないので、難しい判断であったことも確かでしょう。
 しかし、それにしてもイから多々良へのパスで、失敗することが多すぎたように思います。


 逆に熊本の右サイドの守備は、ジェフが井出、阿部、長澤と人数をかけていたのに、対応する選手が2人だけという状況が多かった。
 それによって熊本の右サイドでボールを持たれる回数が増え、後半からは船山が入ってさらに劣勢に立たされてしまった。
 清武の守備力の問題もあったでしょうが、左サイドで巻、岡本、片山がうまく連携して守っていたのに対して、右サイドの守備には課題も感じたように思います。
 もちろん後半に入ってからの熊本は、全体的に足が止まって「それ以前の問題」となってしまいましたが。



 また、巻は攻撃においても、ヘディングでロングボールのターゲットになっていました。
 空中戦の勝率も高く、身体を張ってプレーしていましたね。
 特に立ち上がりは巻が起点となって、良い形で前に出てきていたと思います。


 震災による中断前は、平繁と清武による2トップが多かった熊本。
 高い位置で奪ってカウンターという流れで、2人が前に仕掛けていく形で攻撃を作っていった。
 コンパクトなサッカーで戦えていたから、平繁と清武による2トップが成立していたところがあったのではないでしょうか。


 しかし、中断を挟んで調整不足な状態に陥り、コンパクトなサッカーを維持できるかどうかはわからなかった。
 実際コンディションはかなり厳しそうでしたし、前半のうちからラインも下がってしまった。
 そうなってくると、奪って素早くカウンターと言うだけでは厳しく、後方からのロングボールに対するターゲットとして巻が必要になったという部分があるのではないかと思います。
 もちろん、個々のコンディション面や気持ちの部分、あるいは経験なども買われてのことかもしれませんが。



 試合後には多くのニュース番組に取り上げられていたこの試合でしたが、やはり巻は熊本の顔としてクローズアップされることが多かったですね。
 ついまた巻が重いものを、背負うことになってしまったな…と思ってしまいましたが。
 サプライズとして選出されたドイツW杯、多くの批判を受けたオシム監督の日本代表とアマル監督のジェフ時代、そしてJ2残留争いから降格、退団…。


 こう考えていくと、巻はこれまでにも多くの批判を受けつつも、懸命に走り続けてきたのだなと思います。
 今年は熊本も好調で、中断前もスタメンこそ1試合だったものの7試合中6試合に出場しており、確実に戦力となっていました。
 熊本での努力が実る年になるのかなとも思っていたのですが、その矢先にこの震災…。



 正直、もっと伸び伸びとサッカーをやらせてあげたいという思いもあります。
 サッカーの神様は、何度辛い試練を巻に与えるのか…。
 しかし、巻は逆境にこそ力を発揮する人間でもあるのかなと思わなくもありません。


 ジェフ時代も逆境にあうたびに、選手としても人としても成長し逞しくなっていった。
 どんな逆境に負けずに真摯に立ち向かう人だからこそファンも周りもついてくるし、ここまで人望の厚い選手になっていったのかもしれません。
 だからこそ、大量流出が起こった07年末も、巻は困難から逃げずにジェフに残ってくれたのでしょうね。



 試合後にジェフの選手たちに握手に行った際も、皆が巻を見るとすぐに反応して挨拶していました。
 巻は東京Vでも熊本でも若手に慕われる存在だったそうですが、他チームの選手にも一目置かれる選手になったのかなと思います。
 大げさかもしれませんが、懸命な努力でレジェンドの1人にまで成長したのかなと感じました。


 冒頭のメッセージやテレビでのコメントなどだけでなく、プレーも含めて感動してしました。
 まだまだチームとしては、厳しい状況であることは変わらないでしょう。
 選手たちのコンディションもすぐには戻らないと思いますし、今後は過密日程も予想されます。


 それでも巻なら困難にも逃げずに戦って、周りを鼓舞して、熊本のチームメイトたちと努力し続けるのではないでしょうか。
 今後も陰ながら応援していきたいと思います。