読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井出が岐阜戦で今季初ゴールをマーク

 ここまでキレのあるプレーを見せている井出ですが、本人も言う通り「試合を決められる選手」にならなければここからのステップアップは難しいと思います。
 求められるのは、ゴールでありアシストであり。
 しかし、ここまでの井出は無得点で、アシストも山口戦での富澤のミドルシュートに繋がったパスのみとなっているようです。
 アシストらしいアシストは出来ていないといえるでしょう。



 井出は細かなステップによる、スピードあるドリブルが特徴の選手だと思います。
 ボールを奪われにくいドリブルを持っているため、左サイドからのカットインやカウンター時の持ち上がりが可能になる。
 しかし、そこからの大きなスライドやフェイントなどはないため、ドリブルで相手を抜き去るまでには至らないことが多い。


 そのためサイドからカットインをしても良い形でシュートやラストパスには持ち込めずに詰まってしまって、一度戻さざるを得ない展開に終わることが多い印象です。
 相手選手もそのあたりを理解して、井出に対しては飛び込まずにコースを消す対応をしているのではないでしょうか。
 結果的に最近の試合では、カットインの回数も減っているように思います。



 しかし、岐阜戦での得点シーンでは、スピードに乗った状態でペナルティエリア目前でボールを受けるところか始まった。
 そのためペナルティエリア内でボールを止める形でコントロールしたことで、結果的に大きな切り返しになった。
 それに対して対面した岩瀬が安易に滑ってしまったこともあって、井出が相手を抜き去りゴールを決めることが出来た。


 良い流れからのシュートではありましたが、"井出の形でのゴール"という印象は薄かったようにも思います。
 これをキッカケに、精神的に勢いに乗ることは出来るかもしれません。
 しかし、最終的には"自分の形でのゴール"が作り出せなければ、コンスタントに得点を決めていくのは難しいようにも思います。



 井出が「試合を決められる選手」になるには、どう成長していくべきなのか…。
 カットインをしても行き詰ってしまうし、アシストを量産するといった展開も現状だと想像しづらい。
 最近井出に関してはそんなことを考えていたのですが、一番可能性として考えられるのは逆サイドから斜めに飛び込んで合わせる展開なのかなと思っていました。


 昨年は何度かその形でゴールを決めていますが、今季はチームとしてサイドに起点を作れていないからか、井出が逆サイドから飛び込むというプレーはあまりないように思います。
 今回の得点も斜めに飛び込んだわけではないものの、ゴール前に走り込んでシュートまで持ち込んだ展開。
 前に飛び込む形の方がカットインなどよりも相手に読まれにくく、かつ井出のキレの鋭さを活かすことが出来るのかもしれません。



 そういった展開を増やすためにも、求められるのは積極性なのかなと思います。
 現状だと船山がチームの攻撃を牽引していますが、それも船山が積極的に前に飛び出し「ここにボールを出せ」といった姿勢を見せることで、パスを引き出しているからでしょう。
 井出も単純なサッカーセンスという意味では負けていないかもしれませんが、積極性では劣る部分があるように思います。
 井出のアシストがあまり想像できないのも、自分発信でパスを出し周りを動かすというようなプレーが少ないからではないでしょうか。


 結局はどういったパターンでゴールを決めるか、どういった展開でアシストを成功させるかが問題なのではなくて、「試合を決める選手」になるためには気持ちの面が一番重要なのかもしれません。
 技術もあるし、スピードもあるし、キレもある。
 おまけに、守備も真面目にこなすことが出来る選手。
 しかし、下手をすればそれは「試合を決める選手」ではなく、器用貧乏で終ってしまう可能性もあるかもしれません。



 このままジェフが今年もJ1に昇格できない状況が続くと、来年は井出が個人昇格する可能性も出てくるでしょう。
 長澤は浦和からのレンタルですが、現状の浦和のサッカーを考えると、井出の方がフィットするのでは…?とも思ってしまいます。
 個人昇格となれば、環境も気持ちの面も使われ方も変わってくるでしょうから、ジェフではなく移籍先で一皮向ける可能性もあるかもしれません。


 しかし、ジェフとしては、久々にユース出身の選手が戦力となったパターン。
 工藤以来となるのでしょうか。
 その井出を強く引き留めるためにも、ジェフで成長して代わりのいない存在となることで、ジェフでの立ち位置を確立してほしい。
 そうすれば本人の自覚も高まるかもしれないし、「殻を破るために移籍する」といったケースもなくなるはずです。


 もちろんジェフでブレイクすれば他クラブからの人気はさらに高まるでしょうが、それで移籍した時は仕方がない。
 それでも「ジェフの環境では成長しきれなかったけれど、他クラブに行ってブレイクした」という流れよりはずいぶんましだと私は思います。
 もちろん井出がブレイクしてJ1昇格できれば、更に引き止められる可能性は高まるでしょう。


 しかし、プロの選手として戦力になって、そこからさらに違いを見せられる選手になれるかどうかが大きな壁とも言えるように思いますし、簡単ではない挑戦かもしれません。
 まずは今季初ゴール。
 ここからさらに結果を伸ばせるかどうか、注目ですね。