読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナイウが貴重な今季初ゴールをマーク

 町田戦でオナイウが今季3試合目の途中出場を果たし、ヘディングで貴重な同点ゴールを決めました。
 ただ、それでも今季のチームに、オナイウがはまったといった印象はまだないように思います。


 今年のジェフの攻撃は、船山、井出、小池といった縦に速い選手による前へ仕掛けが基本となっているように思います。
 現状だと吉田の守備力やエウトンのフィジカル、長澤のキープ力なども、基本的には船山などの縦への仕掛けを活かすために存在しているような状況ではないでしょうか。
 縦への仕掛け以外の武器が、直接チャンスに結びつく展開というのはあまりないように思います。



 一方でオナイウは跳躍力はあるけれども、後方からのロングボールに特別に強いわけでもなく。
 懐の深いキープ力なども時折見せるけれども、そこから周りを活かせるほどの視野の広さもない。
 結局、船山などを活かすようなプレーというのは、あまり得意ではないように思います。


 それだけにオナイウを投入してからは、チームとして違った展開を作らなければいけないと思います。
 しかし、実際のここまでの試合では、オナイウを投入した後も大きな変化はなく戦っている印象で。
 それによってオナイウへの期待もタスクも曖昧なまま、活躍することが出来ずにいた…という面があったと思います。


 結局、町田戦ではラストプレーかと思われた後半アディショナルタイムに、前線へロングボールを放り込みました。
 エウトンが競ったところから中盤でボールを拾って、阿部がセンタリングを上げてオナイウが頭で決めたということで、最後の最後にそれまでとは異なる攻撃パターンで得点が生まれたことになります。
 しかし、オナイウ投入からそこまでの時間帯は攻撃が低迷。
 裏抜けでボールを引き出していた船山がいなくなって、ビルドアップの方法すらも迷うような状況になっていたと思います。



 まずはチームとして選手のタスクを明確にしてあげなければ、選手が活躍できないのも当然のこと。
 ただ、オナイウ自身にも課題はあると思います。
 開幕からここまでは単純にコンディションももう1つだったようにも見えましたし、オナイウはうまくいかないとプレーに元気がなくなる印象で、メンタル面の課題もあるのではないかと思います。


 また、以前にも話しましたが、オナイウは現状だと中途半端な部分もあるのではないかと思います。
 CFとしてはゴール前で体が張りきれていない上に、周りを活かすようなポストプレーも出来ていない。
 かといって、セカンドトップとして計算できるほど、小技の効くタイプでもない。


 そうなると、パワープレー要員なのか…と考えてしまいますが、今のところチームとして明確にパワープレーに移行することも少ない。
 また"パワープレー時だけの選手"というのでは、あまりにも条件が限定され過ぎているとも言えるでしょう。
 関塚監督もどのように使うべきか、悩んでいる面もあるのではないでしょうか。



 昨年のチームであればパワーを前面に押し出したチームだったので、オナイウも馴染みやすかったという面があったと思います。
 困ったら中村が相手を抜ききらなくとも、アーリークロスやセットプレー一本でチャンスを作り出す。
 そこに森本、ペチュニクに加えて、オナイウも飛び込むというシンプルなサッカーで、ゴールを狙うことが出来た。
 しかし、今年のジェフは船山、井出、小池などのドリブルとスピードを使うサッカーになっているので、オナイウが居場所を探しにくい状況にいなっているのではないかと思います。


 ただ、現状だとそういった選手たちの仕掛けから、チャンスを狙う展開ばかりになっている。
 それによって昨日も話した通り、攻撃が単調になり、攻撃に変化を付けられない、ギアを上げられない問題も起こっているのではないかと思います。
 それだけにオナイウがこの状況で、新たな可能性を打ち出せるかどうかといった点は、チームにとっても重要なのではないかと思います。



 関塚監督がここ2試合オナイウを途中起用しているのも、そういった可能性を期待している面があるからこそではないでしょうか。
 オナイウ自身も、単純にコンディションが徐々に上がってきているようにも感じます。
 後方からのボールの競り合いあはあまり強くないものの、前を向いた時の跳躍力などは大きな武器だと思いますし、今回もうまく阿部のセンタリングを頭で合わせて決めています。
 ああいった展開が増えていけば、チームとしての幅も広がる可能性があるかもしれません。


 ただ、現状たとチーム以上に、オナイウにとって大きな1点だったのかもしれません。
 このままチーム内で居場所が見つからない状況が続けば、来年か早ければ今年の夏にもレンタルか…とも思わなくもありませんでした。
 そうなれば、そのまま退団という可能性も否定はできないでしょう。



 FWはどうしても補強されやすいポジションでもあると思いますし、その分うまくいかなければ早期に退団という可能性も高いところがあると思います。
 実際このままジェフでオナイウの芽が出なければ、本人のためにも環境を変えたほうが良いという判断にもなりかね菜かなと思っていました。
 しかし、これで1つ結果を出せたわけですから、本人としてもまた気持ちを新たに戦えるかもしれませんし、チームとしても新たな可能性を見出せたとも言えるかもしれない。


 オナイウは五輪チームのスポルティング・リスボン戦や清水戦でも決定力不足と言われてしまったようですし、これで吹っ切ることが出来るといいですね。
 オナイウにとってはこれが今季の開幕戦となったのかもしれません。



 ちょっと体調不良が続いていますので、明日の更新はお休みとさせていただきます。
 集中力が続かない…。