読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後半から巻き返すも2点目を奪えず敗戦

 前半と後半で大きく展開の変わった試合。
 C大阪は前半ジェフを圧倒しますが、後半は大きく失速。
 ジェフも逆のことが言えた試合となりましたが、前半だけで2点ビハインドとなってはさすがに厳しいですね。
 C大阪は前半さすがと思える攻撃を見せていましたが、後半の戦い方には詰めの甘さも感じたように思います。
C大阪がセットプレーから2点を先制
 ジェフは吉田がベンチスタートに。
 エウトンが第2節岡山戦以来のスタメン出場となりました。
 その他、藤嶋、町田がベンチに入り、岡本、菅嶋がメンバーから外れました。


 C大阪は前節負傷交代した茂庭がメンバーから外れ、田中裕介がスタメンで出場。
 開幕からここまでスタメン11人が固定化されていたC大阪ですが、これで初めてスタメンが変更となりました。
 また田代、橋本などがインフルの影響で前節から欠場しており、今回もベンチに入っていません。
 まだ体力面などに不安があるのでしょうか。



 7分、C大阪の決定的なチャンス。
 左後方からのパスを、柿谷がスルーして杉本へ。
 杉本が1タッチで柿谷に繋ぐと、柿谷がバイタルエリアで前を向いてタメを作ります。
 そのまま持ち上がり、左サイドに開いたリカルド・サントスへ。
 リカルドが放ったシュートはバー直撃、柿谷も詰めていましたが合わせきれず。


 9分にも、C大阪のチャンス。
 右サイドからのCK。
 先にジェフのDFが触りますが、ソウザに繋がれ最後は田中が胸トラップから反転してボレーシュートを放ちますが、ゴール右隅を逸れます。



 試合はC大阪ペース。
 C大阪は遅攻時にフラフラと歩いている選手も多いのですが、そこから縦に仕掛ける時はグッと加速していき、攻撃に緩急を感じました。
 1人1人のキープ力も高く、ワンタッチからの連携も効果的でしたね。


 12分にはジェフの攻撃。
 エウトン、船山とつないで右サイドに展開。
 多々良のクロスは合わなかったものの、ジェフが中盤で拾い直し山本が思い切ってミドルシュートを放つも、GKキムの正面。



 19分、C大阪の攻撃。
 左サイドからブルーノ・メルゲウとパス交換したリカルドが、斜めに入っていって柿谷へ楔のパス。
 柿谷がワンタッチで走り込んできたブルーノに繋いぐと、そのままシュート。
 シュートは枠を捉えられなかったものの、スムーズな攻撃でした。


 28分、C大阪の攻撃。
 右サイドで柿谷が松田を走らせると、松田はグラウンダーでマイナスのクロス。
 ブルーノがペナルティエリア内で受けると、柿谷に繋ぎます。
 柿谷のシュートは外れましたが、柿谷が攻守に効いていました。



 得点が生まれたのは31分、C大阪右サイドのCKから。
 ニアでソウザが先に触ると、山村がニアでシュートを放ちバー直撃。
 これをソウザが再び合わせて、1-0とします。
 混戦状態でしたが、ソウザのマーカーは小池だったでしょうか。
 ニアで触られてしまったのは仕方ないかもしれませんが、その後に全く反応していなかった点は若干気になりました。


 続いて、37分にもスコアが動きます。
 C大阪が中盤の左サイドからFK、ソウザがヘディングで合わせてゴール。
 小池、近藤がソウザを挟むように競り合いましたが、ソウザにその上を行かれてしまいました。



 攻め込まれる展開が多いジェフ。
 攻撃でも、なかなか形が作れない時間が続きます。
 守備時のラインが低いので、ボールを持っても攻撃のスタート位置が低い。
 そこからのパスワークも作れず、特に2失点後は高い位置にボールを持ち込めず、FWがボールを触れない時間が続きました。
■後半から巻き返すジェフ
 前半は攻守に厳しい状況だったジェフは、後半開始と同時に2枚替え。
 前半終了間際に足を痛めた、山本に代わって富澤を投入。
 小池に代わって吉田を投入し、そのまま右サイドに起用しました。
 結果的に小池は2度ソウザにやられたことになると思いますし、そこを気にしての交代なのでしょうか。


 後半開始直後、ジェフが1点を返します。
 中盤でのセカンドボールの拾い合いをジェフが制して縦に繋ぎ、中央から船山が左サイドに展開。
 アランダが中央に繋いで、エウトンがニアで合わせてゴール。
 これで2-1となります。 



 49分にはC大阪がカウンター。
 ブルーノが中盤でタメを作って、右サイドの杉本へ。
 杉本のクロスはニアでジェフの選手に当たりますが、ファーでフリーになった丸橋にボールが渡りシュートを放つも、サイドネット外に外れます。


 58分、ジェフの攻撃。
 アランダがボールを奪うと、素早く前方の長澤へ。
 長澤はミドルシュートを選択しますが、GKキムの正面。


 60分にもジェフの攻撃。
 中盤のアランダから浮き球のパスがゴール前に出ますが、ここは弾かれます。
 これを多々良が右サイドで拾うと、長澤へクロス。
 長澤は胸トラップからシュートを狙いますが、大きく枠を逸れます。



 前半に比べてC大阪の守備が甘くなり、全体のラインも低くなり運動量も少ない状況に。
 逆にジェフの方が運動量を増して、攻め込む場面が目立っていきます。
 特にこの時間帯は、ジェフが猛攻を仕掛けていきました。


 しかし、65分にはC大阪のカウンター。
 素早いリスタートから柿谷が中央でボールをキープして、リカルドへつなぎます。
 リカルドのミドルシュートは枠を逸れますが、これでC大阪も若干落ち着いた印象を受けました。



 70分、ジェフの攻撃。
 ボランチから中央の長澤、吉田とつなぎ、船山がスルーしエウトンへ。
 エウトンのパスが相手DFにあたると、プルアウェイをして前に飛び出した船山へのスルーパスとなりますが、GKキムが先に対応します。


 68分、ジェフのチャンス。
 右サイドからのCKを長澤が蹴るとソウザが触りきれず、その裏のエウトンがフリーでヘディング。
 しかし、シュートはGKキムの真正面に終わります。



 74分、C大阪は選手交代。
 リカルドに代えて関口を投入し、前線に杉本が移りました。
 79分には、ジェフが選手交代。
 多々良に代えて北爪を投入し、そのまま右SBに。


 この頃から試合は膠着状態に。
 89分、C大阪は杉本に代わって澤上を投入。
 また後半アディショナルタイムには、山村に代えて扇原。


 もう1点を返したいジェフですが、試合終盤はシュートまで持ち込めない状況に。
 逆にソウザに強力なミドルシュートを放たれるなど危ないシーンもあり、2-1でジェフの敗戦となってしまいました。
■巻き返しを次に繋げられるか
 冒頭で話した通り、前半と後半で大きく流れの変わった試合でした。
 前半のジェフは、ほとんどいいところがなかったと思います。


 前節群馬戦でのジェフは横だけでなく、相手を裏を狙うボールで攻撃を展開。
 C大阪も最終ラインは低くなく、リカルドの守備もおざなりで後方では楽にボールを持てる、似通った状況だったと思います。
 しかし、前半のC大阪は山下を中心に、しっかりとラインをコントロールして裏を取らせなかった。
 中央も硬く縦パスを出せず、サイドからも攻撃を作れず、打つ手のない状況だったと思います。


 また、守備でもC大阪の攻撃に苦労する展開でした。
 ジェフの守備はここまでの試合では中央で跳ね返すということが多かったですが、C大阪は焦らずジェフを引き付けてから縦へといった展開で仕掛けいった。
 これによってゴール前や中央の圧力を分散され、そこを突かれていった。
 1人1人のキープ力だけでなく、ワンタッチのパスなども多用して、中央の守備をうまくかわされていたように思います。



 しかし、後半からは状況が一変。
 ジェフが後半立ち上がりにギアを上げて1点を返すと、今度はC大阪が押し込まれる展開が続きます。
 C大阪はもともとリカルドの守備の貢献度が低い状況で、前からのプレスがかけられないため、一度押し込まれると劣勢になりやすい。
 全体的なスタミナにも課題があるのでしょうか。


 押し込まれることで、ジェフのボランチがフリーになって、そこから展開されチャンスを作られる。
 セカンドボールも中盤で拾われるため、守備の時間が長くなる。
 前節金沢戦での劣勢と同じような状況になりました。
 リカルドが交代してからラインが上げやすくなり、試合が落ち着いたのも偶然ではないように思います。



 しかし、ジェフももう1点は遠かった。
 1点を取った後にもチャンスは何度かありましたが、決めきれなかった。
 これでジェフは開幕戦での2-1での逆転勝利以降、2点以上取った試合がないことになります。


 どこか1点を取ったところで満足してしまう空気を感じるというか、短期間の"ブースト"では点を取れるものの、そこから通常時の攻撃に課題を感じるところがあるように思います。
 この試合でも終盤は、ゴールに近づく回数が少なかった。
 パワープレーが全てではないとは思いますが、攻撃の手立てがないのであれば最後はアバウトなボールを蹴ってもいいのではないか…。
 スタミナも残っていなかったのかもしれませんが、最後は淡白な印象も受けてしまいました。


 また、この試合ではタレントの差も感じました。
 特に柿谷は攻守にチームの足りないところを補う仕事をしながら、攻撃面で決定的な仕事もこなしていた。
 ピッチ全体・試合全体が見えている印象で、いつのまにそこまでの"余裕"のある選手になったのかと驚きました。
 ジェフもタレントはいるとは思いますが、そこまでの選手はまだ出ていないと思います。
 今後そういったレベルの選手が出てくるかどうかも、今年も注目点ですね。



 1-2での敗戦は残念でしたが、前半酷かった分後半巻き返せてよかったと思います。
 あのまま前半の試合展開が続けば、今後の試合にも大きな影を落としかねない。
 何とか意地は見せられた試合だったと思いますが、この試合後半の巻き返しを活かせるかどうかは、今後のチーム次第とも言えるのかもしれません。