読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神障害者フットサルを通じて『共に暮らす』

 以前にもお話した通り、私は精神障害者バスケットボールを支援する『日本ドリームバスケットボール協会』に参加しております。
 先日協会の理事として講演会に呼んでいただく機会があり、その際にフットサルの支援をされている方々ともお知り合いになることができました。
 先週土曜日の10月31日には、精神障害者フットサル大会『第6回千葉コルツァカップ』が行われ、私も見学に行ってまいりました。


 国内における精神障害者スポーツの中でもフットサルは特に盛んで、全国各地で多くの大会が実施され北海道など一部ではリーグ戦も行われています。
 今回の『コルツァカップ』も来年3月に行われる関東大会の予選も兼ねたものとなっており、さらに上へとつながるシステムが出来上がっています。
 ちなみに「コルツァ」とは、イタリア語で「菜の花」の意味があるそうです。


 今大会が行われたのは千葉県鎌ヶ谷市の福太郎アリーナで、福太郎は関東を中心としたドラッグストアで本社が鎌ヶ谷にあるそうです。
 アリーナだけでなく、隣接する陸上競技場、野球場、テニスコートなどの命名権を2012年に購入。
 鎌ヶ谷と言えばプロ野球日本ハムの二軍本拠地としても有名で、福太郎アリーナにも大谷翔平などの手形が展示してありました。
 また、市船から京都に入団したMF磐瀬の出身地でもあるそうで、磐瀬の写真も飾ってありました。



 今回の大会には6チームが参加して、2つのグループに分かれての総当たり戦が実施されました。
 グループリーグの後に、5試合の順位決定戦が行われ最終順位を決定。
 チームごとに力の差はありましたが、上位チームは予想以上にレベルが高く、試合も白熱していました。


 特に優勝チームは全国レベルの強豪チームで、スピード、テクニックはもちろんのこと、チームとしての統率力も高かった。
 しかし、その他のチームも簡単に負けることはなく、それぞれにチームの持ち味が出ていて純粋なスポーツ観戦として楽しく見ることができました。
 この日の決勝は大いに盛り上がり、多くの観客が身を乗り出して試合を観戦していました。
 観客は選手のご家族が多かっただろうと思いますが、小さなお子さんも多く一生懸命応援していたのが印象的でした。


 また、この大会はFリーグ準会員クラブで、関東フットサル1部リーグ所属の柏TORA'82が全面バックアップ。
 全試合の審判を担当されていただけでなく、午後からは1時間のフットサルクリニックを実施。
 試合終了後には、出場選手とのエキシビジョンマッチも行っていました。
 非常に手厚いサポートと言えると思います。
 こういった支援の積み重ねこそが、地域密着・地域貢献につながるのではないでしょうか。



 今大会の運営は、新たに設立された『千葉『共に暮らす』フットボール協会』によるものでした。
 こちらの協会がユニークなのは、協会名にもあるように単なる精神障害者フットサル支援だけが目的ではないということ。
 フットサルに限らず今後様々なイベントの実施を考えているようで、障害者だけでなくいわゆる健常者も一緒になって盛り上げていきたいという理念があるそうです。
 また、支援する側もフットサルやスポーツに直接関係するだけではなく、こういった活動に様々な形で参加したい多くの方たちを募ってコミュニティを広げていきたいという考え方なのだそうです。


 様々な障害者支援の活動が全国で行われていますが、これは1つの新しい形なのかもしれません。
 私も純粋に精神障害者フットサルに興味があったこと、精神障害者バスケの大会運営の参考したいということもあって今大会の観戦に向かったところもありますが、この協会理念に感銘を受けて足を運んだところもあります。
 何らかの形で私もご協力できないか…と考えながら、大会を見させていただきました。



 スポーツを通じて社会貢献ができるということは、スポーツファンにとってかけがえのないものがあるのではないかと思います。
 協会の会員に関わらず活動を支援したいという思いを持つ方たちを広く募集しているようですので、ぜひご興味のある方はご連絡してみてはいかがでしょうか。
 『千葉『共に暮らす』フットボール協会』のホームページはこちら
 協会の理念はこちらのページでご覧ください。


 また精神障害者フットサルでは、来年2月に大阪にて第1回ソーシャルフットボール国際大会が開催されます。
 場所はサッカー日本代表なども使用しているJ-GREEN堺で、この大会に向けて日本代表チームも結成されるそうです。
 これを機にぜひ精神障害者フットサルの観戦に、行ってみてはいかがでしょうか。
 全国の精神障害者フットサルの情報は『日本ソーシャルフットボール協会』でチェックすることができます。
 

 なお、精神障害者バスケットボールを支援する『日本ドリームバスケットーボール協会』でも、協力していただける方を募集しております。
 私個人にでも構いませんので、お気軽にお声をかけてください。
 12月27日には千葉ポートアリーナで大会が開催されますので、参加者はもちろん観戦者もお待ちしておりますので、よろしくお願いいたします。