読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

天皇杯東京国際大戦は3-0の勝利

 天皇杯初戦ジェフ対東京国際大戦が行われ、ジェフは3-0で勝利しました。
 残念ながら試合を見に行けず、放送もなかったので詳しいことはわかりませんが、しっかりと3点取って無失点。
 内容は芳しくなかったという見方もあるようですが、それでも結果は残せてよかったですね。



 スタメンは私の予想は外れ、岡本、大岩、栗山、森本、岡本といったサブ組だけではなく、町田、水野、田代、北爪など最近試合に出ていない選手たちも出場しました。
 この試合に勝てれば翌週2回戦があるので、そちらでもう少し主力メンバーを増やしていこうということなのでしょうか。
 また、北朝鮮代表に選ばれた安も出場となりました。
 ここ数試合公式戦出場はなく試合勘の問題もあるでしょうから、本人としても出たかったのかもしれません。


 健太郎はリーグ戦での累積警告で出場停止も控えているので、今回の出場となったのでしょう。
 しかし、キムをこの試合でも起用したのは驚きもありました。
 休ませてあげるべきではないかとも思うのですが、変えの効かない選手という考えなのでしょうか。
 昨年もキムはリーグ戦で不動のレギュラー選手だったにもかかわらず、天皇杯に5試合も出場しています。


 一方で井出、金井、オナイウ、松田など若手から中堅選手はこの試合にも出場するのかと思ったのですが、井出、金井、オナイウはベンチにも入らず。
 オナイウには連戦で疲労を感じていた部分もあったのですが、井出、金井も同様の理由でしょうか。
 金井は今の主力メンバーの中でも非常にタフな選手に見えますが、他選手との兼ね合いなどもあったのでしょうか。



 実際の試合では大岩、北爪がSBで起用されたそうですが、関塚監督のコメントによると大岩が右SBで北爪が左SBだったそうです。
 プレーの出来に関してはわかりませんが、北爪が左SBにチャレンジする考え方はありですよね。
 リーグ戦でも試してほしかったように思いますが。


 このままいけばジェフの右SBは今後数年間、金井がレギュラーでプレーするということになるかもしれない。
 そうなれば同じポジションの北爪は長らく控えに回ってしまう可能性も考えられますので、プレーできるポジションを増やすということは本人にとっても重要なことでしょう。
 また左SBは中村の代わりが見つからず苦しんだ経緯があり、バックアップを厚くしたいポジションでもあります。


 金井が横浜FMでもやっていた左SBに回って、右SBに北爪を起用してもいいのではないか…とも思わなくもないですが、右サイドの連携面などを考えて金井は右SBで固定化するという考えもあるでしょう。
 また北爪を長らく控えに留まらせていると、移籍という可能性も出てきてしまいます。
 出場機会の可能性を広げるというのは、戦力維持においても重要になってくるでしょうし、ぜひうまくいってほしいところです。



 また、町田も本来のトップ下ではなく、左SHでプレーしていたようです。
 ボランチなどでもプレーした経験がありますが、関塚監督のサッカーを考えるとボランチには一定のサイズがないと厳しいのでしょう。
 本人も自覚しているように、相手のレベルが上がればSHではより守備力が求められるように思います。


 トップ下でも前へのチェイシングという意味での守備力が必要になってきますが、SHではより引いて下がった時の守備能力も必要となってくると思います。
 その点は町田が苦手とする部分ではありますが、現在ジェフは2トップで戦っているためトップ下のポジションがなくなり町田の出場機会は遠くなっていますし、町田も新たなチャレンジをする必要性というのは高まっているのかもしれません。
 そこでしっかりと課題であるゴールという結果も残せましたし、町田にとっては良いアピールになったのかもしれませんね。
 来季のチームへも含めて…ということになるのでしょうか。
 現実的話をすれば、移籍という可能性もありえなくはないのでしょうし。



 選手たちのコメントを見ても、決して完勝といった試合内容ではなかったのかなと思います。
 この試合でも攻撃づくりに関しては、苦労したようですね。
 それでも様々なことは試せてたことは、将来的に見てチームにとっても選手個々にとってもよかったのかもしれません。