読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

群馬戦でジェフデビューを果たした安

 改めて、群馬戦では富澤と安が、いきなりスタメン出場を果たしました。
 新戦力に期待しつつも、今までのメンバーのフォローもしっかりとしてほしいところではないかと思います。
 森本、オナイウといったある程度チャンスを与えらていたにもかかわらず、結果が出せなかった面々はこういった展開になっても仕方のない部分もあるとは思います。


 しかし、例えば大岩は徳島戦でゴールを決めた翌戦にスタメンを外されており、この試合では守備でも健闘していた印象です。
 栗山もこれからといったところで富澤に代えられてしましましたし、高木や井出なども決して悪くはない出来だったにもかかわらず控えに回されている状況です。
 チーム状況などもあるので仕方のないところがあるとはいえ、関塚監督はチーム全体がうまくいっていないと選手を変えることでチームをいじりたがる印象がありますから、外されたメンバーのケアも重要になってくるのではないでしょうか。



 安に関しては先日も話した通り、後方からのボールに対してゴールに背を向けて落とすのがうまい選手といった印象を受けました。
 体幹が強く体を相手に預けて、ボールを保持するタイプですね。
 特に試合序盤は何度も相手に競り勝っていましたが、序盤に関しては新戦力ということで群馬の守備陣が様子を見ていた部分もあったように見えました。
 初めはあえて若干間合いをあけて守っていた印象でしたが、前半の途中には安がつぶされたシーンもあり、群馬の守備も徐々に対応していったのではないでしょうか。


 しかし、後半に入ってもCKからのボールを折り返しペチュニクにつないだり、胸トラップで勇人に落としたり、富澤のクリアを拾ってシュートまで持ち込んだりと攻撃に絡んでいました。
 相手を背負ってのプレーだけでなく、真上や後方からのボールに強いタイプなのでしょうか。
 相手がいる状況でのポストプレーに関しては、森本やオナイウ、ペチュニクなどより体を張って貢献できる選手なのかもしれません。
 若干、手の使い方には怪しい部分もあったかもしれませんが…。



 そのためアバウトに安に蹴って町田あたりが拾って攻撃を作るといった展開も、今後はある程度狙えるのかもしれません。
 今季のジェフはショートパスをつないでもチャンスを作れず、最終的にFWをめがけたロングボールになることも多い印象ですが、ロングボールを蹴っても競り勝てるCFがいなかった。
 ペチュニクも単純な後方からのボールにはあまり強くはないために、1トップに起用されてもマークの緩いサイドに流れて起点になろうとしていた部分があったのではないでしょうか。
 そのあたりの問題が、改善される可能性も考えられるように思います。


 また、ここ2試合で実施しているサイドの奥をとって相手を押し込み、サイドチェンジで相手を揺さぶる形に関しても、そこから中は崩せなくても大外からのクロス展開でゴールさえ決められれば「1つの形になった」と言えるかもしれません。
 しかし、そのためには、大外から長い距離でも精度の高いクロスを上げられるかどうか。
 そして、中央で相手のマークがある状況でも、上からドスンとクロスを叩き込めるヘディンガーがいるかどうかが、重要になると思います。



 安がそこまでのヘディンガーであるかどうかは、群馬戦だけではまだわからないと思います。
 後方からのロングボールの落としやセットプレーでの強さと、クロスに合わせる能力というのはまた別物だと思います。
 クロスに対するヘディングは単純な強さだけではなく、前への動き出しや相手のマークをよけるタイミング、相手DFとの駆け引きなども重要になってくるはずです。
 極端な例でいえばオーロイは後方からのボールにはめっぽう強かったですが、スピードは期待できないのでクロスに対してはあまり強くなかった。
 逆にケンペスなどは後方からのロングボールにはあまり強くなかったですが、瞬発力があるのでクロスボールにはとても強かった。
 そこが安に期待できるかどうか。


 もっと単純に言ってしまえば、点が取れるかどうか。
 あるいは、自らが決めなくても得点に絡むことができるか。
 森本にせよ、オナイウにせよ、それぞれ良さは見せていたと思います。
 森本は守備で大いに貢献しシンプルな繋ぎも出来ていたし、オナイウもバネのある跳躍力や懐の深いボールタッチにおいて可能性を見せていたと思います。



 けれども、両選手ともゴールを決める、得点に絡むという意味では物足りなかった。
 チームとして攻撃の形が明確に作れないためFWのタスクがはっきりしないという悩みもあったとは思うのですが、それにしてもゴールは遠い印象でした。
 安がその点を乗り越えられるか。
 また、現在のサッカーにフィットするかどうか。
 いくら体幹が強い、後方からのボールを落とすのがうまいという部分で貢献したとしても、ゴールに絡めなければ森本やオナイウと同じような立場になってしまうかもしれません。


 ポストプレーに関しても、今後は相手の研究も深まって簡単にはできなくなるかもしれません。
 オナイウもデビュー当初は相手にデータがなかった分、やりやすかった面はあったと思いますし。
 群馬戦ではまずまずの可能性を見せてくれた安ですが、そこからホンモノになって活躍できるか。
 他の選手に代わってピッチに入った以上は"可能性"だけで終わってはいけませんし、しっかりと活躍できるよう頑張ってほしいですね。