読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2列目で出場のペチュニクがゴール

 町田のゴールや栗山の出場もあった岐阜戦ですが、個人的に気になったのはペチュニクの右SH起用でした。
 町田のリーグ戦初ゴールもホッとはしましたが、あれをコンスタントに続けられなければチームの変化とは言い難い。
 栗山も初めの失点は大きく、あのまま負けていれば敗因となりかねなかった状況です。
 それ以降は技術面などで良さを見せてくれましたが、まだ効果的に使えているとまではいかない。
 将来性に関しても大岩と1歳しか違わないわけですし、ともかく試合に勝てて栗山に責任が伸し掛かるような展開にならなくてよかったといった印象です。



 ペチュニクスロベニア代表として出場したイングランド戦での起用法を見ても、やはりもともとはセカンドストライカータイプの選手といった印象。
 岐阜戦でも改めて感じましたが、ペチュニクは前を向いてゴール方向に攻め込んだ時に強さが出るように思います。
 ペチュニク本来の良さを出すためには、2列目の方がいいのではないでしょうか。


 右SHでのプレーとなった岐阜戦では、カウンターの起点にもなりかけていたと思います。
 岐阜の守備の戻りが遅く特にサイドにスペースができがちだったこともあって、カウンター時にペチュニクが前を向いてボールを持ち運ぶことができた。
 2列目でペチュニクを使ったこともあって、今までには見られなかったカウンターでの形ができていた部分もあったように思います。



 ゴールシーンでもファーで相手のマークのないところに、走りこんでボールを呼び込んだもの。
 ペチュニクらしい、うまいポジショニングからのゴールといえるでしょう。
 この動きを見てもサイズはあるもののファーストターゲットになるようなタイプではなく、CFをおとりとして陰から飛び込んでいく動きがペチュニクのゴールパターンといえるのではないでしょうか。


 1トップでもポストプレーはできるし身長もある選手ではありますが、基本的に1トップとしてのボールの受け方や動きはそこまで得意ではないのではないかと思います。
 それでも基礎的な能力が高いので、1トップもこなせてしまう選手なのだと思います。
 しかし、1トップで起用されてもボールを触りたがって余計に動いてしまうし、前を向いてのプレーがどうしても少なくなってしまうことにより、ペチュニク自身の良さも出し切れないことが多い印象があります。


 また、守備においても1トップだと広範囲を守らなければいけないですが、ペチュニクのスピードでは追い切れないところがあるように思います。
 攻守の切り替えやボール奪取能力は高い選手なので、守備エリアが限定されるサイドの方が守りやりやすいのではないでしょうか。
 岐阜戦後半でのプレスでも、ペチュニクの貢献度は高かったですね。



 ただ、チームの問題として、1トップ候補の森本がこれまで活躍しきれていないこと。
 SHの選手としては、攻撃時のスピードに課題があること。
 パスワークも若干スムーズさには欠くところなどがあって、1トップ起用が増えていたように思います。


 関塚監督は意外とパスをつなぎたがるところがあるので、細かな動きや流動性には課題があるペチュニクの2列目起用はあまり好まない部分があるのかもしれません。
 加えて、スピードはあまりないので、右サイドから縦にえぐってチャンスメイクといった形は期待できない。
 ペチュニクの前への強さはあくまでもゴール方向へ向かった時のもので、ワイドに開いたりといった動きやチャンスメイクといった部分ではあまり良さを感じない。


 それらも含めて、あくまでも本来は"セカンドストライカー"ということなのかもしれません。
 森本と組んだ2トップでもトップ下気味にプレーしていましたが、パスワークにはあまりうまく絡めなかったように思います。
 町田を起用していることからも関塚監督の中でパスワークも作りたいという思いは強いのでしょうし、そのあたりも嫌って2列目ではあまり起用されてこなかったのではないでしょうか。



 ただ、実際のチームはパスワークもうまくいっていないし、右サイドからのチャンスメイクも機能していない。
 関塚監督としてはそこに成長の幅を期待したいと思っているのかもしれませんが、就任から1年経ってパスワークなどの面は逆に当初よりも厳しくなっている状況ではないかと思います。
 また、ペチュニクを右サイドで起用すると、左からのクロスを右と中央で合わせるという形がより固定化されてしまう可能性もある。
 そのあたりにも、不安があるのかもしれませんね。


 とはいえ、今の攻撃陣で一番頼りになるのは、やはりペチュニクではないかと思います。
 まずはペチュニクを活かせる形を軸にして、後からそれ以外のところを伸ばしていくといったチーム作りが、現実的なのではないでしょうか。
 ペチュニクを右SHに戻したのは井出の出場停止というアクシデントが大きな理由だと思うのですが、井出が復帰してどういった組み合わせにしていくのか注目ですね。