読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オナイウがU-22日本代表としてコスタリカ戦に出場

 リオ五輪出場を目指すU-22日本代表が、昨日U-22コスタリカ代表と親善試合を行いました。
 今回の日本代表は主軸数人を残しつつも、新戦力を発掘がテーマでしたね。
 山中、松原、室屋、原川などレギュラー候補も選出されず、亀川、伊東、喜田、井手口、高橋、前田といった新しい顔ぶれが選出されました。
 怪我のため追加招集となった鈴木、大島といった主軸選手も起用されずに終わりました。


 ジェフからは追加招集でオナイウが選出されました。
 今回のメンバーを見てみると、特に層の薄いFWとSBをテストしたいという意味合いを感じます。
 FWでも久保裕也、南野、荒野といった主力選手が選出されておらず、金森、豊川といった選手が選ばれています。


 また、このチームにはエース格である久保がいるわけですが、前回のアジア1次予選ではフィットしなかった。
 鈴木の方がこのチームにはまっていた印象であるため、鈴木に似たプレースタイルともいえるオナイウが招聘されたところがあるのではないでしょうか。
 久保はスイスでプレーしているため今後もコンディション面には不安があるでしょうし、鈴木は怪我の問題もあってオナイウを見てみようということになったのでは二垢と思います。
 ジェフでは井出の方が活躍していますが、U-22日本代表のチーム状況もあってオナイウが呼ばれることになったのでしょう。



 そんな前置きをしつつコスタリカ戦に関してですが、まずやはりこのチームは順調に来ている印象ですね。
 守備では4×4のラインディフェンスでコンパクトに守る。
 ラインで守る分1つ抜かれると脆さがある部分は感じられますが、チームとしての狙いは明確に見えている印象です。


 攻撃に移ったらまずFWが裏を狙って、相手守備陣を引っ張り2列目を活かす展開。
 コンパクトな守備ができているからこそ、攻撃にもう移りやすいという部分があると思います
 それがダメならサイドでSH、SB、ボランチがトライアングルを作って、縦に仕掛ける形。
 サイドへの展開も素早く行えていて、うまくFWや2列目の選手が縦に仕掛けられる攻撃を作れているように思います。
 以前はSHがサイドばかりを狙っている印象でしたが、中にも入っていけていましたし、サイドチェンジの際のSBの上がるタイミングなども連動して作れていましたね。


 シンプルなサッカーをしているからこそ、練習時間の短い代表でもうまくいっているのではないかと思います。
 過去を思い出しても、ここまでチームとして完成度の高い五輪代表チームというのは、珍しいのではないでしょうか。
 スムーズな戦い方ができていて、見ていてもストレスが少ないですね。 



 そんな中でオナイウについてですが、改めて細かな動きは得意ではないため、そこでうまく攻撃に絡めなかった印象でした。
 五輪代表チームはジェフよりも素早くパスワークが作れていることもあって、パスワークに絡むといった部分で課題がはっきりと出てしまったかなと思います。
 決して技術力がないわけではないですが、一歩面の反応などに課題があり周りの選手と連携して動くといった部分が苦手なところがあるので、周りの選手との距離感をうまく取れなかった
 他の選手が流動的な動きをしている中で、オナイウはついていけていない部分があったように思います。
 ジェフはチームとして細かな崩しが出来ていないため、大きく目立たなかった部分があるのでしょう。


 また、ジェフでも見られていたように、守備にも課題がある。
 チェイシングに行く際の反応が遅かったり、相手ボールホルダー付近に近づいても、そこから寄せを緩めてしまったり。
 コスタリカ戦でも解説の松木氏にも言われてしまいましたが、もっと積極的に寄せに行かなければいけない部分が何度かあったはずです。



 残念だったのは、このチームで要求される前への強さやバネの部分を見せられる展開が少なかったこと。
 コスタリカは前半のうちに浅野のスピードに苦しんだ分、3バックに代えてFWの前への動きを警戒していたところがあったと思いますし、それによってオナイウの良さが出せなかったところもあったのではないでしょうか。
 ボールを受けた時の足の長さ、懐の深さなどは見せられたとは思いますが、効果的にいかせた回数は少なかったかなと。


 全体的に見れば、オナイウにとって悔しい試合だったと言えるのかもしれません。
 オナイウはU-19日本代表でも最終予選直前に選出され、チームにフィットしきれず苦労した印象がありましたが、チームに素早く馴染むという点で若干課題があるのかもしれませんね。
 この試合でも悩みながらプレーしている印象がありました。



 とはいえ、課題が見つかったことがまず収穫。
 飛び級での選出だったわけですし、そう簡単に残れるほどレベルの低いチームでもないでしょう。
 しかし、「FWは水物」と言われることもあるくらいですし、今後も調子によっては誰かが外され誰かが呼ばれるかもしれない。
 いつ声をかけられてもいいように、しっかりと課題克服に努めながら、ジェフでも活躍していってほしいですね。