読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

町田が大分戦で先制点をアシスト

 先日の大分戦で町田が右サイドを抜け出して、井出のゴールを演出。
 こちらも試合同様良かったというよりは、ほっとしたという印象です。


 右サイドで裏を抜けた町田にパスを出したのが金井で、町田は「金井がうまくためてパスを出してくれた」と話しています
 しかし、その金井にボールをつないだのも町田。
 町田が右サイドでボールを持って、低い位置にいた金井にパスを出した瞬間に裏へ走り込んだことによって、金井からのボールを呼び込んだ形でした。


 金井からすれば「そこに出すだけでOK」といった状況だったわけで、町田のフリーランが効果的に作用したシーンだったと思います。
 町田のメッセージがこもった、パス&ランだったと言えるのではないでしょうか。
 もちろんそのタイミング、そのコースにしっかりとパスを通した金井もさすがで、金井はそういった基本的なプレーをミスなくこなすことが出来るところに特徴がある選手ではないでしょうか。
 そこまで目立った武器がある選手ではないかもしれませんが、全体的な能力が高く使い勝手のいい選手だと思います。
 


 一方で大分の守備に関しては、穴も感じたところがあります。
 町田のオフザボールの動きが良かったのは確かだと思うのですが、一発のパス&ランだけで大分の左サイドが崩れてしまったことになります。
 このシーンでは谷澤も右サイドの大外に流れていたので、大分の左SBが町田を見ることが出来なかったことなのでしょうが、CBもカバーに行けなかったし町田がパス&ランを開始したところにいた中盤の選手もついていけなかった。
 結果的に裏へ走りこんだ町田は、悠々とボールを受けることが出来る状況となってしまいました。
 あれだけの余裕があれば、中央でフリーになっていた井出にもしっかりとつなげることが出来ますね。


 大分のサイドの守備が怪しかったのは左サイドも同じで、68分に谷澤がためて中村がクロスを上げたシーンでも、ジェフの2人に対して対応したのは1人だけでした。
 パウリーニョから谷澤に展開した形だったので中央からのスライドが遅れたということになるのでしょうが、ジェフが速く仕掛けきれたわけでもないし、遅れて中から外に選手が出てくる動きもなかった。
 谷澤がためて中村が走りこむ形はジェフの十八番でもあるだけに、守備の緩さが目立った場面だったと思います。
 解説の増田は「完全に崩した」と話していましたけど、特別にジェフが何かをしたわけではないと思います。


 大分は昨年終盤も攻撃の形は良かったと思うのですが、守備での脆さが目立っていて簡単にバランスが崩れるところがありました。
 今年はその攻撃を維持しつつ守備が整備できればさらに上に行けるチームなのかなと思っていたのですが、主力選手の退団もあってそこまで行けなかったということなのでしょうか。
 監督が代わって、今はまず中央の守備を固める段階…ということなのかもしれませんね。
 このまま終わるチームではないと思いますし、今後が気になるチームの1つではないかと思います。



 話は戻って町田に関してですが、その後ハーフタイムでペチュニクと交代となってしまいました。
 あのゴールは町田の動きで相手を崩したと言える形でしたし、試合を通じてもチャンスは上記の2つ程度しか作れなかったにもかかわらず、アシストという結果を残した町田を変えたのは驚きでした。
 しかし、町田のコメントを見ると、意外と冷静な印象ですね。
 これだけではわかりませんが、少しくらい怒ってもいい状況だと思うのですが…。


 確かにジェフは前半からロングボールが多く、町田が活きにくい状況ではあったと思います。
 加えて大分は兵働のプレースキックで再三チャンスを作っていたので、サイズのある選手を増やしたかったという意味合いもあったのかもしれません。
 しかし、町田からすればゴールシーンでしっかりと仕事をしたし、守備でも広範囲をカバーしようとしていたと思います。



 町田からすれば毎試合パスワークとチェイシングに関しては貢献していて、「あとはゴールに絡むだけ」という状況だったはずです。
 そして、この試合では自身のゴールではないけれど、見事にアシストをしてみせた。
 サイズの問題はどうしようもないわけですし、この試合ではゴールにも直接関与したにもかかわらず早期に変えられてしまっては「これ以上どうすればいいのか…」という状況だと思うのですが。


 戦術的な交代だからと言えばそれまでですが、実際にはペチュニクもいかしきれなかった。
 ロングボールのターゲットとしてしかペチュニクを使用できておらず、町田が下がった分中盤の選手も少なくなって今度はボールを拾う選手がいなくなってしまった。
 セットプレーの守備要員としては成功と言えなくもないかもしれませんが、それ以外の場面ではあまり良い効果は得られなかったように思います。



 そう考えると町田は怒るではないにしても、もっと主張すべきではないかとも思わなくもありません。
 現在のジェフは戦術がふらふらしている状況で、今後どちらの方向に転がるかわからない。
 そういった中で町田は長所も短所もはっきりしているわけですから、これから主軸になれる選手かもしれないし、逆にベンチからも外れる可能性がある。
 実際シーズン序盤は手術明けだったとはいえ、ベンチにも入れない時期が続いたわけですし。


 チームとしても町田や井出、オナイウあたりが、もっと貪欲に戦ってほしいところなのではないかと思います。
 それぞれに良さがあることは見えているわけですから、それをもっと前面に出していってほしいところで。
 今後のジェフを占う上でも、アタッカー陣の誰かが完全にブレイクを成し遂げられるかどうかというのは極めて重要なポイントだと思いますし。
 町田もようやく1つ形を見せてくれたわけですから、これで波に乗っていけるといいですね。