読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジェフ、ブラジル人CB獲得を目指すも失敗に終わる?

 ジェフがブラジル人DFドウグラス・シウバ獲得を目指したものの、失敗に終わったとの報道がなされているようです。
 Jリーグ移籍情報さんより。
 元ソースはこちらのブラジルサイトです。


 ドウグラス・シウバは6月9日にバスコ・ダ・ガマから契約切れでジョインヴィレECに移籍したようですが、この記事はその発表の直前に出ていたものだったようです。
 ジョインヴィレECに移籍かジェフ千葉に移籍する選択肢があったものの、ブラジルでのプレーを選んだという内容になっています。
 どこまでジェフが本気だったかなどはわかりませんが、わざわざクラブ名が出ていることからしても、ジェフから何らかの動きはあったのではないでしょうか。


 ドウグラス・シウバは、31歳の選手でCBを本職としているようです。
 186cmの長身CBということで、関塚監督の好みにもあったタイプと言えるのかもしれません。
 以前はイスラエルのクラブや、オーストリアのレッドブルザルツブルグでもプレー経験があるようです。 



 ジェフがCBの補強を考えているというのは、意外な印象も受けました。
 確かにCBはキム、大岩を除くと実績がる選手は田代しかいない。
 いざとなったらユース時代にCB経験のある金井を回せそうな気もしますが、そうなると今度はSBの層が薄くなってしまいます。


 加えてキムもここ1,2か月はお疲れな印象で、ミスが目立つようになっています。
 大岩も福岡戦に限らず、サイドからのクロスボールに対する対応に課題が残る。
 またCBからのビルドアップにおいても、より上を期待したいところもなくはありません。
 この選手がどういったタイプかはわかりませんが、ブラジル人CBは個人能力でゲームを作れてしまう選手も少なくないですしね。



 とはいえ、今季ここまでの流れを見ていると、キム、大岩、パウリーニョがジェフの強みになっていた部分は大きいと思います。
 CB2人の頑張りに関しては、西部謙司氏も4月上旬に取り上げていました。
 ハイプレスで相手にロングボールを蹴らせる状況を作れても、そのロングボールを跳ね返せなければ苦しかったと思うのですが、そこでCB2人が良さを見せてくれた。
 現在はそのハイプレスが実施できなくったため相手のパスワークに苦しみ失点が増えているところがあると思うのですが、相手のパスワークを封じられない問題はCBではなく中盤の守備組織に原因があるのではないかと思います。


 加えて、CBは周囲の選手との連携が、非常に重要になってくるポジション。
 ハーフシーズンを同じメンバーで戦いチームが出来つつある夏の補強で新にCBを獲得しても、そこから連携を確立して残りシーズンの戦力となるのは簡単ではないように思います。
 かといって、試合途中からの出場というのも難しいポジションですし、補強しておいてベンチに置いておくのではあまり意味がない。


 外国人選手となると、なおさらコミュニケーションをとるために時間がかかる可能性があるでしょう。
 外国人DFがJリーグのクラブでうまくいかない場合は、能力以上に連携面で日本人選手と合わせきれないケースが多いのではないかと思います。
 おまけに現在のジェフはCBの前でパウリーニョが自由に戦っているところがありますから、さらにそこへブラジル人DFも増やしたとして果たして守備が成立するのか。
 日本人選手のように規律を重んじるタイプのCBを、補強できるのであればいいのかもしれませんが…。



 確かに来年J1で戦うということ考えると、このCB2人だけでは不安もあるかもしれません。
 経験が浅いためか後方で試合を落ち着かせるといったプレーもあまりできないし、J1での戦いとなればより守備機会も増えてくるのではないでしょうか。
 今季ここまでのジェフのストロングポイントを、より強化してJ1へ…という考えもできるとは思います。


 しかし、まずは現在の状況を、考えるべきではないかと思います。
 自動昇格内を十分確保できそうな成績であれば、来年以降も考えて夏に補強するといったこともできるでしょうが、今の順位とチーム状況を考えればストロングポイントの強化よりも足りない部分の補強を優先すべきではないかと思ってしまいます。



 そうなると、やはり攻撃的な選手が必要なのではないかと思います。
 前方の選手なら取り外しも効くし、もしレギュラーポジションを確立できなくても、スーパーサブとして活躍できるかもしれません。
 ペチュニク以外の選手がなかなかコンスタントに点を取れない状況ですから、点の取れる選手がほしいところではないかと思います。


 現状を考えると、前に強くクロスからのボールに合わせられるCFタイプが理想ではないかと私は思います。
 ペチュニクはやはり2列目かセカンドトップが良いようですから、ペチュニク本来の良さを生かすためにも。
 そして、クロスからの攻撃を武器にしていくためにも、前に出ていけてヘディングの強い選手が良いのかなと思います。
 現状だと2トップでも、クロスに対してペチュニクしか得点の雰囲気が感じられないということも多いですし。



 森本、オナイウもCFタイプですから、本来であれば2人の成長・活躍を期待したいところではあります。
 しかし、森本はこれまで13試合に出場し2ゴール。
 オナイウは途中出場が多かったものの、16試合に出場し1ゴールとなっています。


 十分にチャンスは与えられた印象はありますしそこで大きな結果を残せていないことを考えると、現時点では追加補強をされても仕方のない状況ではないかなと思います。
 しかも、チーム全体も下降気味であるという事実は極めて重く、どこかに梃入れせざるを得ないと思いますし。
 逆にキムと大岩は少なくともシーズン序盤は、しっかりと出場のチャンスで成果を上げてきた選手たちと言えるでしょうし。



 とはいえ、現在の問題を考えると、補強よりもまずは攻守においてチームの整備をもう一度やっていくことが何よりも重要だと思います。
 ここからチームの主軸となるような選手が2人も3人も補強できるのであれば別でしょうが、夏にそこまで動けるわけでもないでしょうし。
 あくまでもチームのベースは現在いるメンバーで作っていって、そこに補強選手をプラスしていくというのが現実的な見方でしょう。
 しかし、そのベースが崩れつつあるようにも感じる状況ですので、そこを改善していくことが何よりも今のチームに求められるところではないかと思います。