読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 関塚監督「選手の動きが上向いた」

 札幌戦後の関塚監督のコメントですが、自分が思ったよりも前向きなものだったようです。
 中村も「試合はずっとジェフのペース」と言っていることからして、試合後のミーティングも前向きな雰囲気だったのかもしれません。
 ただ、その後「あれだけ攻めていながら流れの中からのチャンスは3本」だったことを聞かれており、記者から見ても意外な部分があったのではないでしょうか。


 札幌戦ではコンディションが良かったために、ボールが奪えるようになり、守備も改善され、結果的にボール支配率も高まった。
 しかし、コンディション以外では前節群馬戦から、大きな変化はなかったように思います。
 そして、そのコンディションの向上も気温が下がったナイトゲームでホーム開催だったから、という環境面が大きかったのではないかと思うのですが…。



 関塚監督は攻撃に関して聞かれ「クロスに入ってくこと」、「コンビネーションで間に入っていくプレー」、「水野晃樹の右サイドからの攻撃」ができていたと答えています。
 ただ、本当にそれが効果的にできていたシーンが、何回あったのかなぁと。
 水野の攻撃も町田へのクロスくらいで、それ以外の場面ではスローイン以外あまり目立っていなかったように思います。


 以前にも「水野は相手がリトリートした状況よりもカウンター展開の方が活きる」のではないかと話しましたが、やはり水野は相手の守備が整っていないうちに素早く攻めきるプレーに良さが出るのでしょう。
 あの町田へクロスを上げたシーンは、まさにその水野の良さが出た場面だったと思います。
 逆に言うと相手がリトリートした状況では工夫ないクロスが多く、蹴っても跳ね返されるという場面が目立ってしまう。
 現在のジェフは相手がリトリートした状況で戦うことが多いわけで、そうなってくるとどうしても水野では苦しくなってしまいます。



 話は戻って、予想よりも監督が前向きなコメントを残したことに関してですが。
 そこから考えるに関塚監督のサッカーのベースは、守備で圧力を持って戦えるかどうか…ということなのかもしれません。
 札幌戦もシーズン序盤のような高い位置からのハイプレスではなかったですが、中盤から後方の位置で激しく相手を潰しに行くサッカーはできていたと思います。
 あのように激しく相手を潰しにいって守備の圧力から試合の主導権を握ることが出来るかどうかという点が、関塚監督が見る自チームのバロメーターであるということが言えるのかもしれません。
 

 もしかしたらオナイウではなく町田がスタメン起用されたのも、攻撃面を考慮した結果ではなくて守備面や運動量の面が重視されたのかもしれません。
 オナイウは継続的な守備に課題がありますから、守備で相手に圧力を加え続けることを考えると合わない部分があると思います。
 ここ数試合、攻撃面では2トップが機能せず、この日は町田を使って1トップに戻したことになったわけで、攻撃面で迷いがあるのではないかと初めは思っていました。
 しかし、そこに関しても関塚監督としてはそこまで重要ではなく、それ以上に守備で頑張れるかどうかが優先されたのかもしれません。



 攻撃面では課題を感じたものの、前向きな評価になったのも、まずはベースとして激しい圧力をかけられるかどうか。
 その上に攻撃面が来るのであって、その攻撃の部分は2列目から前の個人技に任せるということなのかなと思います。
 チーム全体の出来としては圧力を加えられたのだから、悪くなかったという判断なのでしょうか。
 そうでなければ、まずあのメンバーで戦った試合で注目されるのは町田と水野の関係性ではないかと思うわけですが、そこに関してはあまり言及はなかったですしね。



 ただ、あのコンディション…守備での圧力を、ここから夏に向けて維持するというのは、簡単なことではないと思います。
 その圧力を前提としてチームを作っていくのは、さすがに不安が大きいのではないか。
 4月、5月にはそれを強く痛感しただけに…。


 こうなってくると、夏の補強も簡単ではなくなってくるかもしれませんね。
 点を取れるFW、あるいは2列目の選手を狙うというのが。自然な流れかと思っていました。
 しかし、このままでは夏以降にベースが崩れてしまう可能性があると考えると、そこを補強する必要性も出てくるかもしれない。


 中盤での圧力を維持することを優先しなければならないのなら、昨年レンタルで獲得した幸野のような選手が必要となってくるかもしれません。
 しかし、それはチームの圧力減少を食い止めるだけであって、マイナスを埋めるための補強となる。
 チームにとって、大きな上積みになるかはわからない…。
 チームにおける上積み狙い、成長狙いを考えるのなら得点力のある選手を狙うべきだと思うのですが、ベースが崩れてしまうのなら元も子もないわけで。
 そう考えていくと、強化部にとっても非常に悩ましい夏になるかもしれませんね。