読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大宮戦で井出が2ゴールの活躍

 先日の大宮戦で井出が2ゴールを記録。
 開幕戦となった長崎戦以来のゴールとなりましたね。
 2ゴールとも、井出の攻撃センスを感じるものだったと思います。


 この日の井出は、試合序盤から動きが良かった印象です。
 守備でも運動量豊富に動き回り、相手へのアプローチも早かった。
 攻撃でも個人技で仕掛けて、攻撃のアクセントになっていたと思います。



 大宮の守備は基本的にボックスでサイドにスライドする意識が薄かったために、特に前半はサイドの守備で後手に回ることが多かったように思います。
 そこを井出がドリブルで攻め込むシーンも見られましたし、左サイドも同様にスペースが空きがちで、中村が裏を取りやすい状況だったように思います。
 中央よりもサイドからの攻撃が多いジェフとしては、やりやすい相手だったといえるのかもしれません。


 また、前半はジェフの選手たちが飛ばしていた印象で、ハイプレスによって中盤を制圧することができた。
 ボランチのプレーエリアも高くなってパスの出所もいつもより前になり、ハーフカウンターも機能していた。
 それによって、アタッカーである井出が前を向いてプレーしやすい状況になっていたように思います。



 加えて、この試合では中央のペチュニクなどとのポジションチェンジも、頻繁に行われていました。
 ペチュニクが前線で起用されてからの井出は、右サイドに張ってプレーすることが多かく、それによって井出の良さが薄れていた部分もあったと思います。
 確かに守備においての貢献度は高いものがありましたが、守備だけなら井出でなくても良いのではないかとも思います。


 やはり井出本来の良さは前への鋭い仕掛けだと思いますし、そういった意味ではここ数試合物足りなさも感じていました。
 この日は前半からチーム全体の運動量が多かったこともあって、積極的にポジションチェンジができたという部分があったのではないでしょうか。
 後半ジェフの運動量が落ちてからは、そういった動きも減った印象がありましたし。
 前半に良いイメージでプレーできたこともあって、後半も勢いが継続しあの2ゴールに結び付いたのではないかと思います。



 先制ゴールは田中のシュート性のクロスに飛び出してボールに触れ、角度を変えたもの。
 最初は触れたかどうかも分かりませんでしたが、井出らしいタイミングの良い飛び出しだったのではないかと思います。
 2ゴール目はペチュニクの落としを井出が受けて、相手DFと対峙したところから。
 相手DFが飛び込んでこないことを見て、思い切ってミドルシュートを選択しましたね。
 綺麗な弾道のゴールだったと思います。


 チームとしてなかなかポストプレーからの展開が作れていない(もはや狙っていないのかもしれませんが)ので、あの位置でボールを持って前を向ける回数というのは少ないでしょうが、ああいったミドルシュートからの得点パターンが増えて来ればシュートレンジが広がるということにもなりますし、井出としてもプレーの幅が広がっていくのではないでしょうか。
 ただ、あの展開は大宮の守備に課題も見られたのでフリーでシュートを放てましたが、そうではない時には相手のマークをかわして、あるいは避けてシュートまで持ち込まなければいけない。
 この日も中央でプレーして相手選手のフィジカルに潰されるシーンがありましたし、そのあたりの対処法はやはりまだまだ成長しなければいけない部分があると思います。


 井出がコンスタントに点を取れるようになるかどうかは、チームとしても重要なポイントかもしれません。
 ペチュニクへのマークは厳しくなっている印象もあり、森本は得点面ではもう1つで、谷澤も安定感という意味では不安がある。
 井出がよりゴールに絡めていけば、チームとしての厚みも増してくると思います。



 大宮戦で井出はスタメンフル出場を果たしたわけですが、フル出場は今シーズン7試合目にして初めてのことになりました。
 それだけ大宮戦では調子が良かったと、判断されたのではないでしょうか。
 ただ、逆に言うとそれまではフル出場がなかったということで、監督からはそこまで高い信頼を受けているわけではないということになるのかもしれません。


 さらなる信頼を勝ち得るためにも、この日のようなアグレッシブな攻撃をコンスタントに見せてほしいところだと思います。
 守備で頑張れるだけでなく、そこから攻撃に出ていってこその選手だと思いますし、今後の試合でも積極的に前に出ていってほしいですね。