JEF

方針が見えず"苦肉の3バック"も不発

JEF

まだ関東地方の梅雨明け宣言はされていませんが、7月も半ばになって本格的に熱くなってきました。 前節の水戸も松本相手に2点リードしながら後半にスタミナ切れを起こして逆転負けをしていますし、どのチームも夏をどう乗り越えるかが重要になってくると思い…

2位と勝点差14で折り返し 後半初戦は水戸戦

JEF

早いものでジェフは、前節愛媛戦を終えてシーズン前半を終了。 今週末の水戸戦から、後半戦に突入します。 熊本大震災の影響もあって試合消化数にばらつきがありますが、ジェフは9位で折り返すこととなりました。 ここまで7勝6敗8分で勝点29となっており、6…

ボランチとしての長澤の特徴と課題

JEF

北九州戦後、サッカーダイジェストのウェブ版に「中位に苦しむジェフのキーマンは?」という記事がアップされ、長澤に関して書かれています。 チームのキーマンなのかどうかは微妙なところですが、長澤なら記事を書きやすいという面もあるのでしょう。 記事…

町田が6ゴール目を上げチーム内得点数トップで折り返し

JEF

愛媛戦で町田が今季6ゴール目をあげました。 これで再びエウトンの5ゴールを上回り、チーム内得点ランキング単独トップでシーズンを折り返すことになります。 ジェフ加入からこれまで長らく決定力不足に苦しんできた選手なだけに、この活躍には驚きも感じま…

優勢に試合を進めるもミスから失点し2連敗

JEF

J's GOALの記事によると、試合前に木山監督は「大きく変わったけどジェフはジェフだな」と話していたそうです。 文章の流れからするとメンバーは変わったけれど、本質は変わらないというような意味なのかなと思いますが、実際にどういった意味で話していたの…

愛媛戦、折り返し前に今後の方針が見つかるか

JEF

最近は4-4-2がトレンドとなっているのではないかという話をしてきて、実際にJ2でも増えてきていると思うのですが、今週末対戦する愛媛は数少ない3バックのチームです。 サッカー界にトレンドというものがある理由は、それなりの経緯やメリットがあるからだと…

青森山田M高橋壱晟の加入内定

JEF

先週、青森山田M高橋壱晟の加入内定が、発表になりました。 プレーを見たことはないのですが、将来有望な選手とのことで嬉しいニュースですね。 良くジェフを選んでくれました。 "育成クラブを目指す"と一言で言っても、さまざまな条件を満たさなければ成功…

町田とエウトンが同サイドに流れて失点

JEF

北九州戦の1失点目では町田が逆サイドまで追いかけて、エウトンと同じサイドに釣られるような形になってしまい、そこから展開されてやられてしまいました。 今回はトレンドとなっている4-4-2の守り方に関して図を使って話しながら、このシーンを振り返りたい…

多々良のクロスからエウトンがゴール

JEF

北九州戦での唯一のゴールは、82分に多々良のクロスをエウトンが決めたものでした。 エウトンは今季5ゴール目となり、これでチームトップタイに。 多々良のアシストはFootball LABによると、今季2つ目となるそうです。 先週も話した通り、多々良は綺麗なクロ…

北九州戦で10試合ぶりの敗戦

JEF

北九州戦で、10試合ぶりの敗戦となったジェフ。 立ち上がりはアクシデントに見舞われ、集中力を欠いていたところもあったとは思います。 ただ、それにしても、それ以降の戦い方が悪かったですね。 やはりジェフはビルドアップに課題があるだけに、守られると…

6月の最後は21位に低迷する北九州戦

JEF

まずは試合と関係ないですが、オシム監督と元ジェフ選手の話が2つ出ていますのでご紹介を。 Twitterでは取り上げましたが、日刊にはオシム監督が阿部と巻にメッセージを送ったという記事がアップされています。 また、こちらのサイトでは、阿部がオシム監督…

ジェフが鳥栖DF丹羽竜平をレンタルで獲得

JEF

ジェフが鳥栖DF丹羽竜平をレンタルで獲得したと発表しました。 丹羽は守備的な右SBということで、多々良と同じタイプということになります。 丹羽ももう30歳なのですね。 確かに右SBでレギュラーを務めている多々良は結果的に失点に結びつくシーンが目立つな…

ジェフが浦項FWラザル獲得との報道も浦項は否定

JEF

先週16日、ジェフがKリーグの浦項FWラザル・ヴェセリノヴィッチをレンタルで獲得すると、韓国のメディアが報じていました。 8月で30歳になるセルビア人選手で、186cmの長身FWとのこと。 しかし、動画などで見ると強力なヘディンガーといった印象はなく、足元…

オナイウが清水戦で得点を決めU-23代表に選出

JEF

オナイウが清水戦で、今季2ゴール目を上げました。 また試合の翌日に発表された、南アフリカ戦に臨むU-23日本代表にも選出されています。 五輪メンバー決定直前に行われる試合のメンバーに、選出されたことになります。 ただ、今回はOA組はおろか、エース候…

清水に攻め込まれるも引き分けで終わる

JEF

前節東京V戦は16時キックオフでしたが、昨日の清水戦は18時キックオフでした。 ここからキックオフ時間が発表されている8月末の試合まで、全てのジェフ戦が18時以降のキックオフとなります。 気温も高まってきましたし、本格的に夏が到来しますね。 選手はも…

小林監督が指揮する7位清水と8位ジェフの戦い

JEF

前節終了時点でのJ2の順位を確認すると、1位から岡山、C大阪、札幌、京都、松本、町田と続きます。 消化試合数も違うので細かな順番はともかくとして、上位の顔ぶれは昇格候補と予想されたチーム+J2昇格組となってきたように思います。 C大阪、松本は自動昇…

アランダのセンタリングから船山が今季2ゴール目

JEF

東京V戦の先制ゴールはアランダのセンタリングを、船山が中央で決めたものでした。 船山にとって今季2ゴール目。 3月13日の横浜FC戦以来となる、久々のゴールとなりました。 今シーズン序盤の船山はFWとして起用され、ゴール前での動きで何度もチャンスを作…

近藤「リードしてから足が止まった」

JEF

東京V戦後の近藤のコメントより。 「いい時間帯には点は取れているし、崩す場面も増えている」とのことです。 「いい時間は作れている」という話は、昨日のブログでもしましたね。 しかし、「リードしてから足が止まった」ということで、やはり失速はスタミ…

流れが変わった原因に関塚監督「私も聞きたい」

JEF

今回の関塚監督の試合後のコメントはかなり短いですね。 内容からしても、かなり感情的になっていたのではないでしょうか。 こういう時こそ指揮官は冷静にいなければいけないと思うのですが、素直に表に出てしまうところが関塚監督らしさでもあるのかもしれ…

東京Vにジェフ対策を取られ2-2の引き分け

JEF

ジェフ25周年ということで、古河時代の水色と青を配色した記念ユニフォームを着て試合に臨んだジェフ。 古河時代のユニは写真などでは見たことがありますが、実際に見たことはなかったので目新しく感じました。 ただ、いつもとは大きく異なるカラーなので、…

対照的な"オリジナル10"な東京Vと対戦

JEF

先月初めにはブログのコラボ企画として京都戦を"ズッ友"対決と扱いましたが、先日は札幌サポに"ズッ友"と言われてたの目にしました。 個人的には札幌は昔から"天敵"といった印象で、あまり"ズッ友"感はありません。 ただ、"カモ"などと言われるよりはましか…

山形を相手にシュート7本で3-0の快勝

JEF

ジェフとしては今年ここまでにおける、ベストゲームだったのではないでしょうか。 山形に元気がなかった印象もありましたが、それを差し引いてもジェフは伸び伸びとプレーできていたと思います。 これで山形に一昨年の借りを返した…と言いたいところですが、…

田代、栗山が所属する山形を迎え撃つ

JEF

国際Aマッチが行われていることもあって、今週のJ2は水曜日にも試合が行われます。 ジェフはホーム・フクアリで、山形を迎え撃ちます。 一昨年プレーオフでジェフを破りJ1昇格を果たした山形ですが、1年でJ2に降格。 今シーズン序盤は大きく低迷し、開幕戦か…

アランダのセンタリングから町田のゴール

JEF

土曜日に続いて、月曜日の更新となります。 次の試合が水曜日に行われますので、水曜日の朝はお休みしたいと思います。 試合後の更新がいつ行うかは、ちょっと読めないので未定ということで。 札幌戦での先制ゴールはアランダのセンタリングから、こぼれ球を…

首位札幌を相手に2-2の引き分け

JEF

最少失点を誇る札幌を相手でしたが、意外なことに打ち合いの展開になりました。 ジェフとしては首位とのアウェイゲームでしたから、勝点1は御の字だったように思います。 ただ、札幌は離脱者が多く、いつもの出来でなかったようにも見えました。 札幌の内容…

首位を走る札幌の5-2-3

JEF

明日ジェフは札幌ドームで札幌と対戦。 札幌は目下6連勝中。 1試合少ない状況にもかかわらず、2位町田と勝点4差をつけて首位を走っています。 今季の札幌の強みは、堅守ということになるのではないでしょうか。 14試合を経過して総失点数はJ2最小の7。 ジェ…

ジェフ戦での長崎の変則フォーメーション

JEF

久々にフォーメーション図を使ってみたいと思います。 決してサボっていたわけでも飽きたわけでもないのですが、ここ数戦ジェフは同じフォーメーションのチームと対戦すること多く、数字上のミスマッチなどは起こりにくかった。 それだけJ2に4-4-2のチームが…

長崎戦で長澤とアランダのボランチコンビに

JEF

長崎戦では後半にチーム全体が失速してしまったところがあった印象でした。 この日もボランチ出場となった長澤のコメントによると、「移動の疲れは特に感じなかった」とのこと。 実際、極端に長崎より動けなかったということはなく、むしろ90分間で言えば長…

井出が岐阜戦、長崎戦で2試合連続のゴール

JEF

井出が長崎戦で同点ゴールをあげました。 井出はこれで岐阜戦に続いて、2試合連続のゴール。 良い形で波に乗ってきているのでしょうか。 長崎戦でのゴールは左サイドからのスローインに対して、エウトンがペナルティエリア内で足の甲あたりを使って、ワンタ…

ボールを持たされて1-1の引き分け

JEF

アウェイ長崎戦の前日。 ジェフは大韓航空機のエンジントラブルによる影響を受け、陸路で長崎まで移動したそうです。 どうもジェフだけが被害を受けたわけではないようで、空路でアウェイに遠征する予定だった他チームでも苦労したところがあったようです。 …

前節山口戦で開幕戦以来の勝利をあげた長崎と対戦

JEF

昨シーズンは6位で終え、プレーオフ進出を決めた長崎。 しかし、前節終了前の段階では最下位。 勝ち星も第1節金沢戦から遠ざかる、苦しい状況でした。 前節の対戦相手は、C大阪に4-2で勝利した山口。 アウェイゲームでもあり厳しい試合が予想されましたが、…

ボランチ長澤が今季3ゴール目を決めジェフトップタイに

JEF

先週末行われた岐阜戦でも、ボランチでスタメン出場を果たした長澤。 83分には、貴重なチーム3点目をマーク。 長澤としても3月6日に行われた第2節岡山戦以来となる、今季3ゴール目を上げたことになります。 これで町田と並んで、チーム内得点ランキングトッ…

船山のセンタリングからエウトンがゴール

JEF

岐阜戦でもジェフはSHに船山、中央にエウトンと町田という並びでした。 先制ゴールはその船山からのセンタリングを、エウトンがヘディングで決めたもの。 エウトンにとっては8試合ぶりのゴールで、今季2得点目となりました、 ここまでのジェフは船山の決定力…

井出が岐阜戦で今季初ゴールをマーク

JEF

ここまでキレのあるプレーを見せている井出ですが、本人も言う通り「試合を決められる選手」にならなければここからのステップアップは難しいと思います。 求められるのは、ゴールでありアシストであり。 しかし、ここまでの井出は無得点で、アシストも山口…

似た者同士の対決を3-2で制す

JEF

試合前に話したように、やはり同じようなチーム同士の戦いだったと思います。 前半の特に序盤は、岐阜の守備が脆くジェフが先行し。 後半はジェフが押し込まれてからの守備に課題を感じ、岐阜が優位に進めていった。 結局、試合序盤に2点をリードしたジェフ…

特殊な試合後の岐阜戦 オナイウはトゥーロンへ

JEF

いろいろな意味で、特殊な試合だった熊本戦。 個人的には巻が在籍していることもあって、感動的な試合だったと思います。 まだまだ大変な状況は続くと思いますが、熊本としてもチームとしても頑張って立ち直り、この苦難を残り越えてほしいですね。 ただ、試…

船山が右SHでスタメン、後半からは左SHに

JEF

ここ数戦は結果が出ていないこともあってか、毎試合スタメンが代わっているジェフ。 熊本戦では、船山が今季初めてSHとしてプレー。 前半は右SHとして出場し、後半からは井出と左右が入れ替わり左SHに移りました。 関塚監督はこの起用に関して、「調子の良い…

町田が2ゴールをあげチーム得点ランクトップに

JEF

町田が熊本戦で2ゴール。 これで町田は一気にチーム内の得点ランキングトップに躍り出ました。 ここまでの町田はゴール数が少なかったことを考えると、意外な展開と言えると思います。 ただ、とはいっても、町田もまだ今シーズン通算3ゴール目。 現在J2得点…

巻による試合後のメッセージ

JEF

Jリーグ公式サイトにフクアリで試合後に流された、巻のメッセージがアップされています。 熊本のこれまでと現状、ジェフサポの協力とジェフへのエールと、巻らしく素直で丁寧なメッセージだと思います。 巻は試合でも片方には黄色の、片方には赤色のスパイク…

1ヶ月ぶりの試合と1ヶ月ぶりの勝利

JEF

熊本にとって震災による中断後初の試合ということで、フクアリはいつもとは違う雰囲気でした。 熊本の選手は、やはり動きが厳しそうでしたね。 1ヶ月も試合が出来ず練習試合でも45分しかプレーできていなかったということで、試合勘もそうだしスタミナ面でも…

ジェフ対熊本戦 サッカーの価値を示せるか

JEF

今週末、フクアリで行われるジェフ対熊本戦。 熊本にとって、これが震災後初の試合となります。 熊本にとってはもちろん、サッカー界にとっても大事な試合となるかもしれません。 選手、スタッフが被災し、スタジアムも亀裂が生じるなど被害を受けた熊本。 …

京都戦で今季初となるセットプレーからゴール

JEF

近藤が京都戦の後半アディショナルタイムに、セットプレーから移籍後初ゴールをマークしました。 近藤は2014年から徐々に出場機会を失っていたこともあって、公式戦では2013年以来のゴールとなったそうです。 攻撃面での近藤は、グラウンダーのパスでビルド…

北爪が今年初スタメンで左SHとしてプレー

JEF

先日の京都戦で、北爪がスタメン出場。 今季ここまで4試合に途中出場していた北爪でしたが、スタメン出場はこれが初。 なお、昨年専修大からジェフに加入した北爪ですが、昨季は合計11試合に出場しその内4試合がスタメン出場でした。 守備においては、石櫃が…

コラボ企画 ”ズッ友・京都”『Brandnew Dawn』のご紹介

JEF

京都サポブログ『Brandnew Dawn』とやらせていただいたコラボ企画も今回が最終回。 負けた方がブログを相手のチームカラーに変え、相手ブログを紹介するといったルールでしたが、試合は1-1の引き分け。 ある種一番目立つネタが潰れてしまったことになります…

京都戦では北爪、船山、町田、吉田の前4枚に

JEF

GW連戦も終わったということで、ようやく一息つけますね。 ジェフは連戦中、頻繁に選手を変更。 GW連戦最終戦となった京都戦でも、スタメンを変更して戦いました。 関塚監督のコメントを読むとやはり北爪は石櫃対策で、そこから縦へスピードを活かすという狙…

"ズッ友"との試合は仲良く1-1の引き分けに

JEF

まさか冗談で言っていた"ズッ友"の関係が、試合でも現れることになるとは…。 結果も引き分けでしたが、試合内容に関してもどちらもすっきりとしない内容だったのではないかと思います。 サッカーの狙いに関しては、両チームとも違いが見えたと思います。 遅…

コラボ企画 "ズッ友・京都"と6つの回答

JEF

前回のコラボ企画発表、多くの反響いただきましてありがとうございます。 特にいつもブログを見ていただいている方達とは、異なる方達から多くの反応をいただいた印象です。 純粋なサッカーネタというのは、なかなか外に広がっていかないところがあるので嬉…

GW連戦の最終戦はアウェイ京都戦

JEF

ジェフの4月の勝ち星は、最下位金沢戦の1-0での勝利のみ。 ここ4試合勝ち星なしで、GW連戦の最終戦を迎えます。 明日の対戦相手は京都となります。 京都は昨年7月に和田監督が成績不振で解任され、石丸監督が就任。 状況は改善された印象でしたが、引き分け…

町田が讃岐戦で今季初ゴール

JEF

讃岐戦でスタメン出場した町田が、今季初のゴールを決めました。 町田のゴールは、昨年7月4日の岐阜戦以来。 リーグ戦では、2度目のゴールとなりました。 エウトンのシュートが相手DFに当たったものを若狭がダイレクトで中央に繋ぎ、それをダイレクトで合わ…

メンバーを変え元のサッカーに戻るも1-1の引き分け

JEF

船山など一部メンバーを戻したことで、良くなった…というよりは、元に戻った印象でした。 讃岐はコンディションも悪かった印象で、ジェフの選手たちの方が動けていたように見えました。 ジェフは試合内容も悪くはなかったものの、勝ち切る"強さ"を感じるよう…